豊臣 秀吉 茶々

Add: kykomoci97 - Date: 2020-12-06 17:26:05 - Views: 9294 - Clicks: 1875

そう「豊臣秀吉」という名前は天下人となってから名乗るようになったんだよ。 (それまでは「木下藤吉郎」→「羽柴秀吉」と変わっていた。) さて、この秀吉。出世するきっかけはなんだったのか。 秀吉は元々頭が良く、口も達者で野心もあった。. 寧々を語る上で外せない人物が、織田信長の妹・お市の娘である茶々です。 茶々は豊臣秀吉の側室となり、跡継ぎである秀頼を生みます。 関連記事⇒大野治長が豊臣秀頼の本当の父親?茶々(淀殿)の関係とは? もしかすると、淀殿という名前の方が有名かもしれませんね。 寧々と茶々は豊臣秀吉の正室と側室という関係ですが、よく話題になるのが二人は仲が良かったのか悪かったのかという事。 一般的には不仲説が有名ですが、その理由とは何なのでしょう? 寧々と茶々が不仲と言われることの大きな理由として、子供の存在があげられます。 正室である寧々と秀吉の間には子がおらず、何人もの養子を迎え入れています。 一方で、茶々との間には、秀吉の後を継ぐ秀頼が生まれます。 正室として立場は上ですが、子がいなく発言力の低い寧と、側室として立場は下のはずなのに、子のおかげで発言力のある茶々。 こういう図式だけで険悪な関係は容易に想像できます。. 秀吉は1585年に関白に、そして1586年には太政大臣に任じられる。 朝廷の官位システムのトップに上り詰め豊臣政権を樹立した秀吉であるが、この時点で茶々を側室にしなかったのである。. 茶々は信繁に黄金200枚、銀30貫を贈って大坂城に来るように仕向けたのです。 信繁にとっては家康は戦いたくて仕方が無かった相手、信繁はすぐさま上田に帰っていた父の旧臣を九度山に呼び寄せて大阪に向かいました。 大坂の陣が始まる時点での信繁の評判として知られていることは、家康が真田が九度山から脱出して大坂に入った事を聞き「して、あそこにいるのは父か子か?」ということを確認しました。 しかしすぐに「そういえば親父はもう死んでたな。」と言って安心したという話があります。 信繁は確認できるだけでまだ数回の戦しか経験していません。 第二次上田城の戦い関しても、大将は昌幸だったので信繁にそれほど知名度がある訳ではありません。 豊臣 秀吉 茶々 いざ冬の陣が始まった時、大坂城の家老達は堅牢でなる大坂城に籠り徳川軍の疲弊を待つ作戦を提案しました。 豊臣 秀吉 茶々 対して信繁ら浪人衆は籠城よりも打って出て京都を支配下に置き先手を取る方法を提案しました。 待っていてはすぐに包囲されることを見抜いていたからこその作戦でしたが、家老や茶々は少なくとも自分よりは経験豊富な彼らの意見を聞かずに籠城を決め込みました。 この時点では茶々が信繁を信頼していたとは言い難いでしょう。 作戦を反故にされた信繁は、仕方なく大坂城の最弱部とされる三の丸南側、玉造口外に真田丸と呼ばれる出丸を築き防衛に専念することとなります。 真田丸という目立つ拠点を置くことによって徳川軍の注目は信繁に集まることとなり、冬の陣では徳川軍は大坂城を落とすことができませんでした。 真田信繁は、ここでようやく名を天下に知らしめることとなるのです。 しかし、肝心の豊臣軍では信繁があまりに徳川軍に近い所にいたことから信繁が寝返る準備なのではないかと疑っていたというのです。 ここから、茶々は決して信繁を決して信頼していたわけではなかったということが見えてきます。 翌年に家康が再び大坂攻めを決定すると、家康は戦を辞める条件として「大坂を騒がしている浪人の追放」もしくは「豊臣家の転封」を提示しました。 勿論、どちらを選ぼうが豊臣家に生き残る. 寧々の生まれ年については諸説ありますが、秀吉のおよそ10歳下くらいだと言われているため、おそらく1547年前後に生まれたと推測できます。 秀吉や織田信長らと同じ尾張国(愛知県)の出身で父・杉原(木下)定利と母・朝日殿との次女として生まれ、のちに浅野長勝の養女となりました。 名前については「寧々」に「お」をつけて「おね」と読んでいたという資料もありますが、はっきりしていないようなので本稿では「寧々(ねね)」で統一します。. 時代別 歴史上の人物.

大坂の陣で対立した徳川家の資料には、茶々(淀殿)に対して悪意のある記載があり、それが後世に伝わっている しかし実際の茶々は、先述の通り亡き父や母の菩提を弔うために両親の敵に嫁ぐなど慈悲深い女性だったのではないかと言われています。 二人目の秀頼を生んだ後は、両親だけではなく市の二人目の夫であり茶々にとっては養父である柴田勝家の菩提も弔っていたと言われています。 平和な時代であれば、心優しく信心深い良家のお姫様として一生を終えていたのではないかと考えらるでしょう。. 豊臣 秀吉 茶々 画像:豊臣秀頼 京都市東山区養源院所蔵の絵. 戦国時代の結婚は、主に政略結婚でした。 ですから、ある程度の年の差があってもおかしくない世の中ではありましたが、秀吉と茶々の年齢差は群を抜いて突出していたのではないかと思います。 茶々は1969年に生まれました。少し前までは1967年生まれという説もありましたが、今はこちらの1969年説が有力のようです。 対して秀吉は、1537年とも1536年とも言われています。茶々の伯父である信長は1534年生まれ。母であるお市の方は1547年。父である浅井長政は1545年生まれとされています。 秀吉は茶々の両親よりも年上だったんですね。親子ほどの年齢差があったのです。 豊臣秀吉が数多くいる側室の中でも、とりわけ茶々を愛でていたのは、茶々が秀吉の子を宿したからだけではありません。 先にも少し述べましたが、秀吉はずっとお市の方に恋焦がれていました。信長の死後、織田の勢力は二つに分かれます。 古参の柴田勝家と、信長を死に追いやった明智光秀の首を取った豊臣秀吉です。この時、両者はお市の方を妻にする事にやっきになっていました。 恋慕の情があったのも事実ですが、それ以前に、信長の妹であるお市の方を妻にした方が、より強い権力を持つ事になるだろうと思ったからです。 この時、勢いは豊臣秀吉にありました。なんせ、信長の仇を討った男なのですから。しかし、お市の方は柴田勝家の元へと嫁いでいきます。 最愛の夫、浅井長政を滅ぼした秀吉が許せなかったという説がありますが、この通りではないでしょうか。 それでも諦めきれない秀吉は、事あるごとに柴田ともめ、最終的に攻め滅ぼしてしまうのです。 この時、お市の方が柴田勝家と共に自害したと聞き、秀吉はかなりのショックを受けたのでした。 そこまでして恋焦がれたお市の方の娘であり、一番お市の方に似ていた茶々を、秀吉が大切にしないわけがないのです。. 関連記事 >>>> 「【安土桃山時代】に活躍したその他の歴史上の人物はこちらをどうぞ。」.

西軍のために講和交渉に動いている(大津城の戦い)。 3. 豊臣秀吉には正室の寧々の他、たくさんの側室がいました。 側室の中でも茶々(淀殿)という女性が秀吉の人生や秀吉死後の豊臣家に大きな影響を与えたと言われています。. See full list on colorfl. 寧々(ねね)は14歳の時に身分が低く「藤吉郎」と呼ばれていた秀吉の元に嫁ぎます。 2人は当時としては珍しい”恋愛結婚”で、秀吉が寧々(ねね)に一目ぼれしてプロポーズしたと言われています。 身分が低かったとはいえ、家と家の関係を強めるための政略結婚が当たり前だった時代なので恋愛結婚はかなり珍しいことでした。 この時、寧々の母親は身分の違いもあることから(秀吉の方が家柄的に身分は下)結婚には大反対したそうですが、この後の秀吉の出世を考えると、寧々の人を見る目が正しかった事になりますね。 しかし、秀吉と寧の間には子供が生まれなかったため、秀吉と寧は親類縁者や、人質として送られてきた子を養育し、立派な戦国武将に育て上げます。.

豊臣秀吉の末裔は、現在どこにいるのか? タレントをやっているという噂もあるのですが・・・・。 豊臣 秀吉 茶々 秀吉の子といえば、織田信長の姪「茶々」が産んだ子ということか? 歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。 拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。 どうぞご. 本来秀吉の正室は寧々でしたが、秀頼という世継ぎを産んだ茶々も次第にもう1人の正室という扱いを受けるようになりました。 寧々と茶々の二人は対立していたという説が長い間言われていましたが、最近は協力関係にあったという説が有力なようです。 寧々が側室たちと一緒にお祭りに遊びに行っていたことや、秀頼を妊娠していた茶々の安産祈願を寧々が一緒に行っていたという資料が残っているため、二人の仲は良かったのではないかと言われています。 寧々と茶々の居城が分かれ始めてから秀次の事件などが起こっている為、正室二人の連携が豊臣家の要で、寧々らの住まいが分かれ、疎遠になっていったことと、姑の大政所(なか)の死も重なり、豊臣家の連携も次第に取れなくなっていったという説もあるほどです。 庶民出身ということもあり、家族とのかかわりも深かったと言われている秀吉ですが、妻や母たちの内助の功なしにはそれが成り立たなったということが秀次事件の悲劇に表れています。. 豊臣秀吉は側室が何人もいたにもかかわらず茶々にだけ子供を授かる事ができたのはどうしてだと思いますか? 女好きで有名なのにひとりかふたりしか子供ができなかった歴史上の人物徳川綱吉家臣の妾にまで手を出す女好きなのに、子ができたのはお伝ひとり。ジュリアス・シーザー. 歴史的に有名なのは、とにかくプライドが高くヒステリーな女性というイメージが強い茶々。 そして自身の子である豊臣秀頼を溺愛している. 天下人となった秀吉にとって、後継ぎとなる子供を授かるかどうかは、 第一の関心ごとであったといっても過言ではないでしょう。 しかしながら、正室との間に子供を授かることがなく、子宝には恵まれませんでした。 多数の側室を迎え入れたものの、授かった子供は3人だったといわれています。 それが、生みの母は諸説ある 「秀勝(石松丸)」と茶々(淀君)との間にできた「鶴松」と「秀頼」 です。 しかも、その中で成人したのは秀頼のみで、他の二人は夭逝ようせいしているので、 必然的に秀頼の子供がどうなったかを見ていくことになります。.

茶々 妻。 彼女には頭が上がらなかった模様。 また、秀吉の蛮行が妻である茶々の無辜の怪物の原因の1つとなっている(秀吉は晩年、自身の子供を後継者にしたいがために多くの家臣を殺しその結果、豊臣家を衰退させてしまった)。 徳川家康. See 豊臣 秀吉 茶々 full list on pleasure-bit. 豊臣秀吉の側室となってからの茶々は、秀吉に大切にされて権力を思うがままに奮った. 側近に東軍の関係者がいない。 以上のことから、寧々と茶々は秀吉亡き後も協力して豊臣家を守ろうとしたのではないかと言われています。 寧々は秀吉を出世させるために献身的にサポートした出来過ぎというくらいの奥さん。 その寧々が簡単に人を嫌うかと言われれば悩みますし、だからこそ嫌うのではという見方もできます。 まあ、一概に仲が良かった、悪かったという一言では片付けられない問題なのかもしれません。 自分の立場を淀殿にして、寧々のことを考えると何とも難しい関係ですが、皆さんはどのように考えるでしょうか? 関連記事⇒豊臣秀吉の側室茶々(淀殿)と石田三成の怪しい噂! 豊臣秀吉と茶々(淀殿)の間に生まれた鶴松。この鶴松が秀吉の最初の子で、それまで秀吉は子宝に恵まれなかったと言われていますが、実は30. 昌幸が秀吉に服従すると信繁は人質として大坂に入ります。 しかし、大坂での信繁については僅かな記載しか残されていません。 彼は大名家の次男、それも地方豪族レベルなので、それほど注目されていなかったというのが大きな理由です。 しかし、信繁は秀吉恩顧の大谷吉継の娘を妻として迎えています。 そして小田原征伐にも参加し、昌幸とは別に三成の指揮下に入って『のぼうの城』で有名な忍城攻めに参加したと言われています。 また、近年の研究では、秀吉の馬廻衆に入って独立した知行を与えられていたということが分かりました。 ここから、信繁が無力で純粋な人質というよりは秀吉に側近として仕える官僚予備軍のような存在だった事が分かります。. 関連記事 >>>> 「【時代別】歴史上の人物はこちらをどうぞ。」.

豊臣秀吉の側室となった茶々は1589年に鶴松を産みます。 このことを契機として茶々は豊臣秀吉から山城国淀城を与えられ、これ以降は淀殿などと呼称されるようになります。 長子鶴松は早世しますが、さらに豊臣秀吉と淀殿の間には、後の豊臣秀頼が誕生. 織田信長の家臣だった豊臣秀吉は、1572年、浅井長政、お市の方、そして浅井三姉妹の居る小谷城を急襲。 浅井長政の父親である久政と長政を分断させ、まず久政を攻め滅ぼしたあと、茶々の家族がいる本丸へと攻め込んできました。 この時、長政はお市の方に三姉妹を託し、城の外へと逃します。その後、秀吉に攻め入られ、長政は城内で自刃するのです。 燃え盛る炎に包まれた城を見ながら、当時三つ四つだった茶々は何を思ったのでしょうか。その瞳にはきっと、くっきりと燃える城が写し込まれたに違いありません。 その後、二人目の父となった柴田勝家の城も、再び豊臣秀吉によって滅ぼされました。この時は母親であるお市の方も亡くしてしまいます。 三姉妹は豊臣軍に助けられたと言いますが、当時十四、十五の茶々はここでも何を思ったのでしょうか。 愛しい父と母を、どちらも豊臣秀吉に滅ぼされ、助けてくれたとはいえ心の底から憎いと思ったのではないでしょうか。 しかし、時は戦国。女が一人で、ましてや幼い妹を二人抱えて生きていくには、世知辛い時代です。 茶々は豊臣秀吉の庇護を受けながら、織田の縁者のもとで暮らしました。それから五年後。茶々は両親の仇である豊臣秀吉の側室となったのでした。 この五年の間、きっと茶々はとても悩んだ事でしょう。浅井の事、柴田の事。母の事、父の事。そして未だ幼い妹たちの事。 それらを細い背に背負い、並々ならぬ決意で秀吉の元に向かったのではないでしょうか。 様々な葛藤が考えられますが、きっと一番に思ったのは妹たちの事ではないかと思います。 現に、茶々が側室としてあがる前までに、お初は縁深い京極家へ。お江は秀吉の甥の元へ嫁ぎます(徳川へはその後に嫁ぐことになります)。 どちらももちろん、秀吉の口添えあってのものです。そうやって妹たちの幸せを見届けたのち、彼女自らは仇である豊臣へ差し出したのです。. 【仁王2】史実の豊臣秀吉ってかなりのクズ野郎だったってマジすか? 160: ID:edlRT0jsd. しかし、処刑されたのは身代わりで、 国松は薩摩に落ち延びたといわれる生存説も存在しています。 その根拠は、延由の位牌に「国松」と刻まれているからというものなのですが、 考えようによっては、どうにでもできる部分ではあるので、 その信憑性はそれほど高いようにも思えません。 この生存説が本当であるのなら、 木下延由の子孫が豊臣の末裔となるのですが、 公然と歴史に記載するには、根拠が薄弱過ぎるのではないでしょうか。. 豊臣秀吉と浅井茶々こと後の淀殿。 この2人は、年齢・体型・出身など、すべてがデコボコに感じる組み合わせで異色の戦国カップルです。 ですが、秀吉と茶々の間には2人の男子が生まれますし、実際は強い絆で結ばれていたと言っても良さそうですよね。. . 秀吉といえば、有名なのが妻の寧々ですね。あまり歴史に詳しくない方でも、その名前を聞いたことはあるのではないでしょうか。大河ドラマ「真田丸」では秀吉の妻として、鈴木京香さん演じる寧々と竹内結子さん演じる茶々の二人がとても魅力的に描かれています。 それでは、実際の寧々.

様々な書籍やドラマ、映画などで、淀殿という女性はほぼ、悪女として描かれてしまいます。 しかし、歴史をよく読み解いていくと、それだけではないものが見えてきませんか?例えば、茶々の生きた時代が戦国時代ではなかったら。 戦国時代であっても、両親である浅井長政とお市の方が生きていたら。彼女の人生はここまで大きく翻弄されたものにならなかったかもしれませんね。 女性が生きるのに厳しい戦国時代、その純粋さと信念を胸に誇り高く生きた茶々を、賞賛せずにはいられません。. 茶々といえば秀吉の側室、普通なら臣下の目に触れるようなことはない存在です。 馬廻衆だった信繁がどこまで奥向きのことを把握していたかは疑問が残りますが、 「秀吉の側近であるなら側室とも面識があっておかしくはないだろう。」 という解釈でドラマは描かれています。 しかし、天下人の側室がそうそう簡単に衆人の前に姿を現すかといえば答えはNoでしょう。 馬廻衆がどのような勤務形態でどのように暮らしていたかはよくわかりませんが、私は側近といっても彼らが終日秀吉の側にいたとは考えにくいと思います。 小姓ならまだしも、信繁は馬廻衆でしかも妻帯者。 一応は立派な家長です。 おそらく大阪にちゃんと居住地を与えらえてそこから通っていたのだと考えられます。 さらに側近が奥向きのところまで付いていくとは考えにくいです。 なので、茶々と信繁は「顔を知っている程度で、ほとんど話をしたことがない。」というのが正直なところだと思います。 茶々といえば、古くから豊臣悪の方針から大野治長や石田三成といった複数の人物と繋がりがあったとする俗説が思い起こされますが、とても信繁とそのような関係に陥るとは考えにくいです。 関連記事⇒大野治長が豊臣秀頼の本当の父親?茶々(淀殿)の関係とは? きっと、信繁と茶々の関係は少なくとも人質時代においてはそれほど深いものではなかったでしょう。. 豊臣秀吉の子孫についてまとめてみると、 次のようになります。 豊臣秀吉については、他にも色々な記事があります。 よろしければどうぞご覧になって下さい。 豊臣秀吉の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。 関連記事 >>>> 「豊臣秀吉とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」. 「豊臣秀頼」は、「豊臣秀吉」を父に持つ安土桃山時代から江戸時代に生きた戦国武将。母は織田信長の姪「淀殿」 (茶々)です。「豊臣秀次」の自刃により、豊臣秀吉の後継者となった豊臣秀頼は、「関ヶ原の戦い」や「大坂冬の陣・夏の陣」などで徳川家康に翻弄される人生でした。.

まず駒の正体が茶々説です。 茶々は豊臣秀吉の側室で、のちの淀殿です。 子宝に恵まれなかった豊臣秀吉ですが、茶々との間には豊臣秀頼が生まれており、たいそう可愛がっていたようです。 茶々は織田信長の妹・お市の方と浅井長政との間に生まれまし. 歴史上、様々な女性の登場人物がいますが、彼女ほど「悪女」として有名な女性もいないのではないでしょうか。 もちろん、探せば他にもいるのでしょうが、戦国時代で有名な悪女といえば、「淀殿」という人です。 そもそも、「淀殿」という呼び方は彼女の死後、徳川万歳の世の中で流通した呼び方です。「淀殿」をつけるのは遊女に対してのもの。 本来は「淀殿」と呼ばれていた可能性が高いですね。 しかし、個人的に茶々という響きがかわいらしく、彼女の本来持っているものを表しているような響きがしますので、こちらで進めさせていただきます。 そんな茶々は、1569年。眼下に美しい湖の広がる近江の国城、小谷城で生まれました。父は悲運の武将・浅井長政。母は織田信長の妹で、戦国一の美女と謳われたお市の方です。. そして天正14年、秀吉は正親町天皇から豊臣の姓を賜り、太政大臣に就任、豊臣政権を樹立する。 この時点で秀吉に従っていない大勢力は、九州の島津氏、関東の北条氏、東北の伊達氏ら、地方の諸大名である。.

日本史上最大級の一揆である島原の乱。島原の乱の一揆側のリーダーが天草四郎時貞という人物です。さて、この天草四郎ですが、彼こそが九州に落ち延びた豊臣秀頼の遺児だという説があります。鹿児島では天草四郎に「豊臣秀綱」という名前があったと伝えられており、それを記す寺院の古文書も存在したと言います。しかし古文書自体は現存せず、言い伝えのみ残っている形となっています。 秀頼が天草四郎の父であるとされる最大の根拠は、戦時の馬印です。馬印とは大将の所在を示すために立てられるのぼり・目印です。豊臣秀頼の父である、豊臣秀吉の使用していた馬印が「千成瓢箪」であることは有名ですが、天草四郎もこれと同じ馬印を使っていたと言われています。 これも伝承でしか伝わっていないため、真偽をはっきりさせることは叶いませんが、もし、これらが事実であれば、島原の乱は「関ケ原の再現」ともいえるかもしれませんね。. いかがでしたでしょうか? ドラマでは本来身分の違いや境遇の違いで会うことのないはずの人達が会話を交わすことで演出効果を高めています。 しかし、信繁と茶々はどうあっても本来ならそれほど面識もなく会うこと自体がある種の奇跡だったのかもしれません。 昨今ではゲームなどで本来ないはずの人の組み合わせがいとも簡単に実現されますが、現代の政治家や国主が皆が皆面識があるわけではないのと同じように、歴史上の人物も本当の所はどれだけの人と面識があったのでしょうか? だからこそ、文書によって繰り広げられる微妙な外交が当時の時代において重要だったことが少し覗けますね。 とはいえ、ドラマでの彼らがこれからどのような展開を作り上げていくのかは楽しみです。. 今回のテーマは「豊臣秀吉」と「茶々(淀殿)」です。 この記事では「豊臣秀吉の側室」である「茶々」こと「淀殿」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。. 時は流れて、大坂の陣になると茶々は徳川に対抗するために徳川によって追放された浪人を集めて対抗する構えを見せます。 そこに、かつて大坂城にいたことがある信繁の姿もありました。 関連記事⇒大坂の陣で真田幸村と共に戦った大坂城五人衆の逸話! 秀吉は元々苗字を名乗ることができない身分でしたが、1565年の資料より「木下藤吉郎秀吉」と名乗っていることが分かっており、この「木下」という苗字の由来が寧々の実父からきているのではないかという説があります。 寧々と結婚して「木下」という名字を名乗ることが出来るようになったのが一番最初の出世だとも言われています。.

豊臣秀吉が57歳で授かったとされる豊臣秀頼は大阪の陣で母の淀殿や大野治長らとともに自害しました。体格も並外れた巨漢だった秀頼が亡くなり、男児の国松も処刑され、豊臣家は滅亡するのですが、そもそも秀頼は、母は茶々(淀殿)であるが父親は秀吉ではなかった、という説について. 豊臣秀吉の自筆書状を発見 ―秀吉から茶々(淀殿)へ「さすかおひろい御ふくろとミへ申候」― 1.発表のポイント ・豊臣秀吉自筆書状の新発見。しかも淀殿(茶々)あて。 ・これまで秀吉の「自筆」文書は100 点以上の規模で知られているが、. . 淀殿 出典画像:Wikipedia.

茶々は天正16年(1588年)、およそ22歳の頃、秀吉の側室となります。 戦国時の世であった当時、戦いに勝った側が負けた側の家臣や妻子の面倒を見るということは一般的でよくあることでした。 よって、茶々のように親を殺した相手の養女や側室になったりすることは珍しくなかったのです。 当時世継ぎがいなかった秀吉にとって、茶々が持つ織田家の血筋というのは手駒として是が非でも欲しいものでした。また茶々にしても、長女として自分が浅井家の菩提を弔わなければいけないという一縷の望みにかけた気持ちがあって秀吉との関係を受け入れたのではないかと言われています。 実際、秀吉との子を産んだ後その褒美として亡き父・浅井長政の17回忌と亡き母・市の7回忌の追善供養を秀吉に願い、茶々が内内にひっそりと行いました。 この役目は秀吉の政略によって他家に嫁いでいった妹たちにはもうできないことでした。 茶々は親の敵の子を産むことによって、亡き両親の供養につとめたのです。. しかし、最近では寧々と茶々の中は実は良好だったのではないかという説が取り上げられています。 寧々は茶々との仲が良くなかったため、関ヶ原の合戦時は東軍寄りだったとするのが通説でしたが、その説を否定する方もいるそうです。 その理由として、 1. というイメージが強いのですが、実はここからもまた不幸に見舞われてしまうのです。 豊臣秀吉には正室やたくさんの側室がいましたが、誰一人として子を産む事がありませんでした。 しかし、茶々は見事に秀吉の子を宿したのです。秀吉の喜びようは例えようのないものでした。 もともと、秀吉の主君は織田信長。つまり、茶々の伯父です。そして茶々の母であるお市の方に、秀吉は長く恋慕の情を抱いていたという説があります。 尊敬していた主君と、恋焦がれていた女性と繋がりのある茶々を、秀吉は目に入れても痛くないほどにかわいがっていました。城を一城与えるほどです。 この城が淀城と呼ばれていた事から、茶々は淀殿と呼ばれるようになったのです。 さて、豊臣秀吉の子を産んだ茶々。第一子は捨(鶴松)という男児でした。捨という名にしたのは、捨て子はよく育つという民間の言い伝えにのっとったものです。 しかし、この鶴松は二歳で亡くなってしまいます。その二年後、のちに大阪城の君主となる豊臣秀頼が生まれます。 幼い頃の名は「拾」と言います。捨という名にしてしまったために鶴松を亡くしてしまったのかもしれないと、今度は拾という名にしたのです。 この時、秀吉は50歳を過ぎていました。今でこそ、50代はまだまだ若いとされますが、戦国時代当時、「人生五十年」と歌われていた時代です。 かなりな高齢と言えるでしょう。ですから、秀吉はこの拾の事を、亡くなる間際まで気にかけていたとされています。 秀吉亡きあと、秀頼は母親である茶々と共に、豊臣の名を守ろうとしますが. See full list on history-men. 豊臣 秀吉 茶々 淀殿(茶々)にとくに関係の深い人物を紹介。家族や恋人、友人など。 親 お市の方 信長の妹。夫・浅井長政との間に茶々、初、江を授かる。 22歳年上 子 豊臣秀頼 秀吉との子。秀吉の後継者として、大坂の陣にて徳川方と激突する 24歳年下.

豊臣秀吉(140cm 45Kg)「ちゃちゃ (パコパコ」茶々(170cm 60kg)「あんあん」 hadmin 年12月9日 1 : 風吹けば名無し : /12/08(火) 22:35:25 ID: o4btjUmB0.

豊臣 秀吉 茶々

email: magekewa@gmail.com - phone:(145) 840-8866 x 3373

Takkyu ishino works 1986 2017 -

-> 朝日 の あたる 家
-> わが 心 の ボルチモア

豊臣 秀吉 茶々 - あらすじ キリング


Sitemap 1

アニメ の 画像 - カリスマ